• ホーム
  • ゼニカルで便秘になる人と治る人

ゼニカルで便秘になる人と治る人

ゼニカルは日本では未認可ですが世界中で使用されているダイエット治療薬です。
スイスの大手製薬会社であるホフマン・ロラシュが開発している薬です。
すでについている脂肪を減らすことはできませんが、ゼニカルの主成分であるオルリスタットが服用後から摂取した食べ物の脂肪や糖質の吸収を防ぎます。
オルリスタットは脂肪分解酵素リパーゼの働きを抑制するため、脂肪分を便と一緒に排出することによって摂取カロリーを抑えることができ、痩せることができるという仕組みです。

ところが、このゼニカルで便秘になる人と治る人がいます。
それはゼニカルの副作用によるものです。
副作用は、下痢や腹部膨満など消化器の症状です。
吸収しなかった脂肪が便と一緒に排出されるので、脂肪下痢になるのです。
そのことによって便秘が治る人がいます。
また、逆に便秘になるのも副作用によるものです。
よって、ゼニカルを服用する際は、副作用を理解したうえで使用するのが良いです。

また、副作用ではないですが、この薬を飲むとビタミン不足に陥るおそれもあります。
ゼニカルが食事で摂った脂質の吸収を阻害するといっても、割合はたかだかその30%程度です。
ビタミンが不足するということはそれほど心配ありません。

詳しく言えば、水溶性のビタミンは問題ありませんが、脂溶性ビタミンは一緒に体外に排出されてしまうこともあります。
ですので、ビタミンのサプリメントなどを一緒に服用すると良いです。
皮膚が乾燥してカサカサするとか気になる方は、サプリメントで補うとよいでしょう。
脂溶性ビタミン等は、マルチビタミン剤で補うことができます。

ゼニカルを扱っているサイトの中には、マルチビタミン剤のとのセット商品を販売しているところもあります。
ゼニカルを服用した際にビタミン不足と感じた方が居たらご検討してみると良いでしょう。

ゼニカルは比較的安全と評価されていますが、個人輸入代行業者などから購入する際は、全て自己責任となります。
体に異常が出た際は、速やかに使用を中止し、医師に相談しましょう。